「カプサイシン」が脂肪をメラメラ燃やす……というように思われている方が多いようです。からいものを食べると汗をかくし、なんだか体力も使ったように感じるので、とにかく何かを「燃焼」したようなイメージになりがち。 でも、カプサイシンが直接脂肪をエネルギーに変えているわけではありません。体脂肪をエネルギーとして使いやすいように環境を整えていると考えたほうがいいでしょう。 そのメカニズムとは、カプサイシンの辛味が神経を刺激して、アドレナリンなどのホルモンを分泌させ、このホルモンによって、エネルギー代謝が盛んになり、体脂肪が分解しやすい状態を作り出すというもの。
基礎代謝とは、人間が動かないでいても呼吸や内臓の動きによって自動的に消費されるカロリーのことです。 基礎代謝量が多ければ多いほど、消費されるカロリーが多くなるわけだから、いわば「やせやすい体」であるといえます。逆に基礎代謝量が低い人は「やせにくい体」ということになります。 発芽玄米を毎日食べている人は、普通の白米を毎日食べている人と比べて、基礎代謝量が多いことが知られています。それは、発芽玄米が糖の吸収を抑えて、血液中の糖分の量を示す血糖値の上昇を抑えてくれるからなんです。 糖の吸収が抑えられると、必然的にエネルギーが足りなくなるので、かわりに脂質が燃やされ使われるようになります。こうして基礎代謝量がアップして、やせやすい体を手に入れることができるです。
コエンザイムQ10(CoQ10)は、全身60兆個の細胞一つ一つに存在し、心臓、肝臓、腎臓に多く含まれる物質で、日常生活を送る上で必要な細胞エネルギーを作り出すために欠かすことのできない最も重要な補酸素です。 健康の維持・増進だけでなく、美容・美肌、若返り効果が注目され、 欧米をはじめ、世界各国で医療品・健康食品として幅広く利用されています。
肥満の主な原因は、食生活の西洋化による栄養過剰と基礎代謝の低下にあります。 ガジュツ(紫ウコン)のシネオールには胆汁の分泌を促し消化を助けます。カンファーは胃腸を整える効果によって体調を整えます。またアズレンは血中コレステロールの濃度を下げる働きや脂肪の排出効果があります。 ガジュツは血液を浄化と基礎代謝を活性化することでダイエットに最適なダイエット食品いえます。
結晶セルロースとは不溶性の食物繊維で穀物の外皮に多く含まれる成分です。 体内に入った結晶セルロースはコレステロールを吸着して排出するなど、老廃物を出す働きと効果を持っています。 結晶セルロースは腸内で有害な物質を吸着して体外へ排出する作用があり、通じを良くする働きがあります。 不溶性食物繊維は、植物の細胞壁の構造物質が中心で、水に溶けず、水分を吸収してふくれます。それが腸壁を刺激して腸の運動を盛んにし、食べ物の残りかすをすみやかに体外に排出するのです。 セルロース、ヘミセルロース、ペクチン質(不溶性)、リグニンなどがあり、肥満、便秘、大腸がんなど消化器系統の病気の予防、改善に効果を発揮します。
近年、このサーデンペプチド(イワシペプチド)の健康に貢献する働きが注目され、メディアや雑誌でも多く取り上げられるようになってきました。特に中高年の健康志向の方にもお奨めしたい健康食品です。もともとサーデンペプチド(イワシペプチド)のパワーは健康食品の中でも古くから認知されていて、ストレスの多い現代人にも恩恵を与えています。皆様の日頃の健康維持にぜひサーデンペプチド(イワシペプチド)をお役立てくださいませ。サーデンペプチド(イワシペプチド)は、新鮮ないわしから抽出したタンパク質を高純度のペプチドに精製したものです。すっきりした生活を過ごす上で重要な健康増進作用があり、生体内でも安定な、アミノ酸配列2-10個程度のオリゴペプチドで、食品由来の天然成分のため吸収にも優れています。
杜仲茶は、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)で気をつけたい3つの症状、高脂血症、高血圧、高血糖のすべてに効果がありますので、体重だけを落とすのではなく、気になる症状を改善しながらダイエットしたい方にはぴったりのダイエット方法です。 杜仲茶が中性脂肪、コレステロールの上昇を抑制することがわかっています。ただ、即効性があるというものではないので、長く飲みつづけることが効果を引き出すポイントになります。
低カロリー、無カロリーとして有名な食べ物はなんといっても「こんにゃく」です。 おでん、スキヤキ、田楽等などこんにゃく抜きには語られませんが、このこんにゃくを食用として食べているのは日本と韓国、中国とミヤンマーだけと言われています。 それも日本を除くと他の三国では自給自足用であり、市場にこんにゃくが出回っているのは日本だけだと言われています。 これだけでお腹がいっっぱいになって、満足できて、栄養バランスがしっかりしていれば最高なんですがね・・・ それでも、食事を減らして感服感を得るには最高のダイエット食品ですね。
CoQ10(コエンザイムQ10)・αリポ酸(アルファリポ酸)・Lカルニチンこれらは全て細胞内のエネルギー代謝に関わっている物質です。通常人間は食事から摂取した糖や脂肪を細胞内のミトコンドリア内で生化学反応させ生体活動のエネルギーを作り出していますが(俗に燃やすとか燃焼させるとかいわれています)、前述の物質のうちLカルニチンは脂肪、アルファリポ酸は糖分がミトコンドリア内でエネルギーになるための手助けを行い、コエンザイムQ10はミトコンドリア内のエネルギー生成自体を助ける働きがあります。 つまりこれら3物質は互いに深く関わりがあるため、単独で摂取するよりも一緒に摂取したほうがエネルギー代謝機能向上という観点ではより効果的だということです。単独のサプリメントより配合率は低くなりますが、一つのサプリメントで3物質が摂取できる物も出ています。
内臓脂肪を燃焼させるには運動が1番効果的なのですが、運動はチョッと苦手という人や、忙しくて定期的に運動する時間が取れないという方は、脂肪燃焼効果の高いお酢を使ったダイエットがオススメ。 お酢には、アミノ酸・クエン酸といったダイエットに効果的な成分が豊富に含まれており、中でも、黒酢や香醋に含まれるアミノ酸はリパーゼ酵素という脂肪の分解に深く関係する酵素を活性化させる働きがあるため、内臓脂肪を効率よく燃焼させることが出来るのです。 ダイエットや健康のためには、食後に薄めたお酢を飲むのが効果的なのですが、いくら体にいいからといってお酢を毎日飲もうとしてなかなか続かないもの。 ですが、ダイエット食品ならば、毎日、手軽に摂取できますし、お酢が苦手な人でも黒酢や香醋の効果で、内臓脂肪を効率よく燃焼させることが出来るます。